Alminium(Redmine)のインストール

仕事関係で、Redmine触れることになり、自宅でもRedmineとその進化系のAlminiumを入れてみた。

以前Subversion→TRAC→TestLinkの感じで運用したことがあり、Alminiumがもっと凄いらしい、簡単なインストーラで、Redmine・Subversion・Git・Mercurialなどプロジェクト管理に必要なツールを一通りインストールし、ツール間のアカウント・アクセス権の連携や、チェンジセット・チケットの連携も自動で行ってくれる。jenkinsも同時にインストール可能、TestLinkと連携するためのプラグインもある。

Webで適当に探してみると、4スッテプコマンドを実行するだけでOKらしい。

yum install git
git clone https://github.com/alminium/alminium.git
cd alminium
bash ./smelt

まず持っている幾つ作動中のVPSへインストールしてみた。どれもエラーだらけで失敗に終わった。

多分作動中依存関係なにかおかしいから、真っ新なVPSならうまくいくと考え、手元に二つVPSを初期化して入れて見た。これらも見事に失敗。Rubyすら入れてなく、途方に暮れた。「【CentOS】Ruby と Ruby on rails すら無い状態から Redmine をインストールする!」を参考に、Ruby を手作業で入れたが、しかしインストール途中やはりエラーで失敗。

公式サイトを見たら、なんど64ビット環境のみ、Webで適当なページを見るだけて試すがいけないわ!普段VPSの限れたメモリの有効活用、負荷経験のため、大体VPSは32ビットのCentOSを入れてた。

早速二台VPSともに64ビットのCentOSを入れ替え、再度Alminiumを入れるコマンドを実行する。

一台はすんなり成功、メールアドレスからアバターも自動設定してくれた。至急新しい管理ユーザーを作成し、adminユーザーを無効化しておいた。これから色々と試してみるに。特にTestLinkの連携を試したい。

image

もう一台VPSは、インストールコマンドの出力は無限ループ、検索して見たら、公式サイトには対応した不具合見たいと書き込みがある。やはりサーバ環境に影響受けやすい感じ。一応Jenkinsのインストールを止めれば、Alminiumのインストールが無事に終えった。

https://github.com/alminium/alminium/issues/120  — jenkinsのインストールスクリプトが完了しない #120

「Alminium(Redmine)のインストール」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です