9ドルコンピュータC.H.I.Pで話題のIoT体験

話題のIoTが、Raspberry Piですでに試したが、今度9ドルコンピュータC.H.I.Pでいろいろ体験すると思う。

まずWebから、LEDのON/OFFを試す。

1)環境作成:

最新状態にする

root@chip:~# apt-get update
root@chip:~# apt-get upgrade

localesを再インストールする。

root@chip:~# apt-get purge locales
root@chip:~# apt-get install locales
root@chip:~# dpkg-reconfigure locales (en_US.UTF-8 を選ぶ)

#これをしないと、下記のエラーは延々と出る。

locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory

apache2インストール

root@chip:~# apt-get install apache2
root@chip:~# a2enmod cgi.load
root@chip:~# /etc/init.d/apache2 restart

c環境をインストールする。

root@chip:/home# apt-get install gcc make

2)プログラミング

rootの実行権限でLEDを操作するから、最初Perlで簡単に作れると考えたが、うまくいかない。

下記の参考ページで、C言語で作った。

root@chip:/usr/lib/cgi-bin# cat on.c
#include        <stdio.h>

int main()
{
system(“/usr/sbin/i2cset -f -y 0 0x34 0x93 0x1”);
printf(“Content-type: text/html\n\n”);
printf(“<HTML><BODY>”);
printf(“<H2>Hello! On</H2>”);
printf(“</BODY></HTML>”);
return 0;
}
root@chip:/usr/lib/cgi-bin# cat off.c
#include        <stdio.h>

int main()
{
system(“/usr/sbin/i2cset -f -y 0 0x34 0x93 0x0”);
printf(“Content-type: text/html\n\n”);
printf(“<HTML><BODY>”);
printf(“<H2>Hello! Off</H2>”);
printf(“</BODY></HTML>”);
return 0;
}
root@chip:/usr/lib/cgi-bin#

コンパイルする

cc -o on on.c
cc -o off off.c

rootの実行権限を与える

chmod +s /usr/lib/cgi-bin/o*

3)プログラミング実行

最初に、コマンドラインで、LEDのOn/Offを確認する。

root@chip:~# /usr/sbin/i2cset -f -y 0 0x34 0x93 0x1 #On
root@chip:~# /usr/sbin/i2cset -f -y 0 0x34 0x93 0x1 #On

ブラウザから、LEDのOn/Offを試す

http://192.168.0.104/cgi-bin/on
http://192.168.0.104/cgi-bin/off

順調なら、話題のIoTが、まずWebから、LEDのON/OFFを試すことができた。

2016-03-08 (1)

2016-03-08 (2)

これから時間が空いたら、Raspberry Piの温度センサー、WebCameraもこちらに動かしてみる。

あとiBeaconの近接通知機能が試したいので、iBeaconのモジュールを注文した。

参考:

http://null-byte.wonderhowto.com/how-to/introduction-c-h-i-p-by-next-thing-co-iot-hacking-device-0168749/

話題の9ドルコンピュータC.H.I.Pが届いた

Next Thing Co社の9ドルコンピュータC.H.I.Pが届いた。

去年6月KickStater注文したので、また忘れかけたころに、届いた。

最初は9ドル一台に、送料の方が高いで15ドル。その後一台追加で、トータル33ドルなり、平均一台2000円未満。

C.H.I.Pは、Raspberry Piに似ている、マイクロ・コンピュータというもの、一番大きな違いは、値段とサイズ、そして予め802.11 b/g/n Wifi とBluetooth 4.0と4GのeMMCストレージ内蔵のこと.しかもLiPoバッテリー内蔵可能。

開封して、意外に小さいと、ビデオケーブルが短いと感じる。どう繋ぐかちょっと悩んでいたが、昔のビデオ切り替えスイッチが思い出して、探し出して繋がってみたら、ぴったりじゃないか!電子機器と部品自宅に溜まる一方で断捨離は時には問題。このビデオ切り替えスイッチ捨てたら、なにか買わない繋がらないね。USBハブでキーボードとマウスをつなぎ、マイクロUSBの電源をつなぎ、それだけで完成。

4GのeMMCストレージにOS内蔵し、Raspberry Piのように、ブートSD作る必要がない。電源スイッチだけで立ち上がた。

2016-03-06 23.37.35

コンポジットの解像度は昔のVGA、WiFi設定などが十分でした。IoTのマシンとして活用する予定って、ssh、Webサービス際使えるなら、モニターが必要がない。

root@chip:~# uname -a

Linux chip 4.3.0 #10 SMP Sat Nov 14 19:10:05 PST 2015 armv7l GNU/Linux

root@chip:~# cat /etc/debian_version

8.2

Linux のカーネルは4.3.0、OSはdebian8.2でした。

BLE(Bluetooth Low Energy)内蔵のため、これだけでiBeaconの近接通知機能が試せる、LiPoバッテリー内蔵すると、数時間モバイル運用も可能、いろいろの試すが可能だ。

Onion Omegaが届いた

5月にKickStater注文したOnion Omegaが、忘れかけたころに、届いた。

Onion Omegaとは、Build Hardware with JavaScript, Python, PHPという、非常に小型のLinuxコンピューター。Wifiを搭載しており、クラウドなどにデータを送ることが出来るのが特徴。

大きさ: 28.2mm x 42mm
CPU: Atheros AR9331 400MHZ MIPS (Wifiを積んでいるSoCです)
RAM: 64MB
Flash: 16MB

WiFi: 802.11b/g/n 150Mbps
GPIO: 18ピン
USB: USB 2.0

入力電圧: 3.3V
消費電力: 0.6W

 

2015-10-26 14.43.34

黄色封筒に、本体、ドック、リレーモジュール、ミニドック(おまけの)、4つ小箱に入ってる。

 2015-12-01 18.14.34

ドックに本体、リレーモジュールを取り付けた様子。

電源を付けて、https://wiki.onion.io/ をみながら、Getting Started.

そこまでWebでWiFi設定、アップグレード画面見れて良かったが、

Flash: 16MBしかないので、USB メモリでRootfsすると、WiKiみながら、作業を開始。まず、USB メモリ認識されない! /dev/sd* 何もない。

https://wiki.onion.io/Tutorials/Using-USB-Storage-as-Rootfs

そのまま置いて、翌日みたら、もうOnion Omegaに繋がらない。サポートに連絡すると、なんかreflash the firmware必要って。困った!

reflash the firmwareできたら、またレポートする!

Digital Library (@venus)