Tag Archives: AppInventor

当選した!― Nexus 7(32GB)の使い道

実はAppInventor というツールでAndroid系のアプリ開発に試み、いま手元にAndroid系の機械は4台は持っている。またどれも050Plusに対応してなく、iPhone4だけで利用している状態。

  1. Touch Fly — Android 1.6
  2. Smart V7 — Android 2.1
  3. TCL A906 — Android 2.2.1
  4. Onda V711 — Android 4.1

Google販売する純正品だから、Android最新版へアップもう迅速、Android系のアプリ開発がトラブルも少ないと思う。これて開発効率を上げ、迅速にアプリのリリースに期待する。

実機WifiによりAppInventorの開発

今までApp Inventorで実機を接続して動作確認するには

  1. Dropboxアプリを起動して、apkをインストール
  2. USBケーブルで接続して行う
  3. Wifi Connect(最新のApp Inventorに加えた)

などがある。

いままでほとんどDropboxを通している方法を取った。

AppInventorカメラアプリを試すので、実機に接続しながら方が便利だ。

USBケーブル接続ではドライバー必要、OS がWin8Proにしてから、またドライバー入れたことがない。

この機に最新のWifi Connectを試してみるかな。

まず、MIT AICompanionをダウンロードして、実機にインストールする。

  1. MIT AICompanionを起動しておく
  2. ブロックエディターにWiFi接続を選ぶ
  3. 8桁英字は二次元コードまたは手入力でMIT AICompanionに
  4. 接続マークが黄色になり、緑になるまで待つ

これは便利。いままでUSB使いつらいから、Dropboxでインストール繰り返しでデバッグの方法を取っているが、これなら時間の節約になり、USBないの実機も使える。

 

参考:

30分でつくれるAndroidアプリ

書店で見かけた本で、AppInventorのことを知った!

51VqiDHaE2L._SL500_AA300_

いままで、AndroidとiOSのApp作るに、Titanium Studioを試したが、うまくいかない。

AppInventorなら、VISUAL BASICみたい、APP積み上げる。

iOS対象外だが、プロトタイプできたら、iOSに移植でも、ゼロからより早いでしょう。

これなら環境設定、PGで悩むより、APPに作りたいことに集中できるので、製作意欲が出てきた。

早速持っている2台Androidをつなげって見た。しかしUSBのドライバーなかなか機能しない。

Web検索の評判から、「91手机助手」をインストールし、ドライバーがうまくインストールしてくれた。初めて中華ソフトに好感を持った。

ドライバーがうまくインストールできたのは、Amazon中国で購入したSmartQ V7という、Android, Ubuntu, WinCE 内蔵7インチタブレット。

しかしデザイン画面そのまま反映されてないので、Amazon中国でより新しいAndroidバージョン内蔵の機械もオーダーした。

これていろいろためそうなきがする。