Tag Archives: featured

epub形式での電子書籍をKindleで読む方法

達人出版会で購入した電子書籍一覧から、epubとpdf形式をダウンロードできる。

pdf形式は、Kindleでは小さくて読みつらい、試しに7Inchと9.7Inchのタブレットを閲覧してみると、7Inchはまた読みつらい、9.7Inchのタブレットなら快適に読める。

Kindleで用いられている電子書籍フォーマットは、epubではなくmobiだ。Kindleで電子書籍フォーマットで読むにはepubをmobiに変換する必要がある。

Kindleの電子書籍変換ソフトを探してみると、アマゾンのKindleプレビューツールが変換できるとわかった。Kindleプレビューツールは、KDPツールとリソースからダウンロードできる。

試しにWindows (XP、Vista、7)用Kindleプレビューツール v2.92をダウンロード、インストールして、epubのファイルを読み込んで見た、すると下記の画面が見え、自動的にKindlegenを使って本をコンパイルしている。

image

しばらくすると、コンパイルが終わり、下記の画面が見える。

image

OKで閉じたら、下記のプレビュー画面が表示される。

image

KindleをUSBでPCにつなぎ、出力ファイルをkindleにコピーすれば、Kindle Paper Whiteからも閲覧できた。

2014-04-26 12.31.33

欲ができ、Kindleのパーソナルド・キュメントに置けば、Kindle Paper Whiteだけてなく、iPhone, タブレットのKindleでも読めて、変換効果を確かめこてもできるが、転送できなくで失敗した。

まずいつものメール添付を試み、しかし50Mあるサイズ制限に引っかかり、送信できなかった。

そいえばパーソナルド・キュメントAmazon Cloud Driveに移動したという知らせが先日が来た。ならば出力ファイルをAmazon Cloud Driveの「Send-to-Kindleドキュメント」にコピーすればよいと考えたが、残念ながらコピーしたファイルは、Kindle Paper White、iPhone, タブレットのKindleにどれも確認できない。

最後の手段として、DropBoxで共有するだ。しかしmobiフォーマットは、iPhone, タブレットのKindleは読めない、PDFで読むことになる。

***

その後、epubフォーマットの電子書籍は、Play Booksで読めることがわかった。Androidのタブレットなら、Play Booksをインストールしたら普通に読める。一度取り込めれば、異なるデバイスのPlay Bookでも、同じ電子書籍がよめる。

HP ProLiant MicroServer購入

いつも買い物していたNTT-X Storeに、年度末本決算目前「桜咲く、夢と魔法のサーバーキャンペーン!」中、なにかいいものを探しているところ、HP ProLiant MicroServerに目が留まった。

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N5 F1F35A0-AAAE

  • AMD Turion II NEO N54L 2.2 GHz
  • PC3-10600アンバッファ DDR3 ECC DIMM 4G
  • SATA 500GB
  • オンボード AMD SATAコントローラー(RAID0.1対応)

コンパクトなのに、SATAハードディスクが4台搭載可能。

衝動買いしてしまいました!

HP-ProLiant-MicroServer-Inside

かつて太陽系の惑星名で世界各地数台自宅サーバを運用してましたが、徐々に数台VPSに置き換えて、一時自宅サーバ消滅した頃もあった。

先月自宅サーバのHDD故障で、Pogoplug MobileにOpenPogo導入してしばらく代用、その後自宅サーバDebian7に変更したばかり、またサーバ弄る羽目になる。縮小傾向の自宅サーバも逆に規模拡大へ進んだ。

新自宅サーバのシステムはUSBメモリにいれ、データは2TのRAID1を組んで、構成すると考えた。

後で調べて、下記の連載記事もありました。参考になりそう!

ほぼ一人で構築、管理中サーバ一覧

この会社の創業から一年9か月で、ゼロからほぼ一人で構築、管理中20台サーバ一覧だ。

2001年Code Redの登場で、その際対策に大変苦労したことが覚えている。

もうすぐ会社離れるから、ちょっと寂しいね!

アプリケーションサーバは、16台WindowsNT4とWindows2000で構成。

画面確認のため、モニタスイッチが用意した。

UPSも備えてるが、パワー不足のため主要サーバのみ利用する。

DSCF0010 DSCF0006

 

 

 

 

 

 

ADSL回線が2回線、アプリケーションサーバ一回線とインターネットサーバ一回線を利用。

インターネットサーバは、4台FreeBSDですべて手作り構築、モニタはいらない!

DSCF0007 DSCF0008

社内LANはNATを通して、ADSLの一回線に接続。

専用のサーバルームではなく、オフィスの凹む角に設置したが。夏は暑いので、暴走が心配でその角は扉をつけて、専用エアコンを備えるようにした。