a Respberry Pi MQTT sample

MQTTのPublisher(リモコン)からのメッセージは、MQTTのbrokerを経由して、自宅Raspberry Pi にMQTTのSubscriber(受信機)受信し、液晶表示盤にテキスト表示、LEDバックライトのON/OFFするできた!

MQTTのbrokerはsango(時雨堂という会社が無償提供) MQTT サーバーを利用。

MQTTのPublisher(リモコン)は、MQTTLens利用。

MQTTのSubscriber(受信機)サンプルコード!

参考文献の設定ファイルを利用した。LEDバックライトは、gpio 9番に設定、テキスト表示は、PCD8544-utils のlcdprint コマンドを利用した。

Subscriber の実行:

$ node mqtt-led.js

MQTTブローカーのそれぞれTopicに メッセージが下記の動作が発生

  • chen420@github/led | 0 または1 | バックライトのON/OFF
  • chen420@github/lcd | ”表示メッセージ” | 表示

Subscriberの永続化(サービスとして動く)が次の課題に。

参考文献 : 肩に乗せてもらった巨人達

Raspberry PiでMQTT通して連携

この数週間Raspberry PiにによりHome Automationなどを再考して、Node.js、WebIOPiなど、サーバとして可能性を調べているが、なぜかMQTTに出会って、実装までして、全く違う方向へ進行した。

先週たまたま Ruby – Raspberry Pi で室内の温度を可視化するよー – Qiita 記事を見て、「Sango を介して(MQTT で)結果を Graphite に飛ばす」とはなにか、調べてみた。

MQTTは、M2MやIoT向けの軽量プロトコル。いろいろとメリットあるが、Raspberry PiでMQTT通して連携するメリット考えると

  1. ルータに穴を開ける必要がない
  2. サーバ公開する必要がない
  3. セッション維持する必要がない
  4. 重いHTTPサーバもつ必要がない

実は2年前も自宅に、Raspberry Pi wireless 温度計の制作 をしたが、サーバ公開してないので、外から見れない。もちらん公開する方法もあるが、自宅サーバ際クラウドへ移転などするので、Raspberry PiだけのためにDDNSメンテナンスする気がならない。MQTTならブローカーに繋がれば、いろいろ連携プレーが考えられる。

早速自宅温度データをSango にPubして、他所からSubで見れるようになった。

それからMQTTを通して、自宅Raspberry Piの液晶表示版にテキスト表示、LEDバックライトのON/OFFもできた!

これから、MQTTのメッセージをMongoDBに保存、Google spreadsheetsに保存、グラフ表示、plot.lyのグラフ表示など、やってみたいと思う。

そうそう、AppInventorから、MQTTを通して、Raspberry Piの状態表示、GPIOのコントロールもしてみたい。

Raspberry Pi 液晶表示盤のLED制御

数か月前、Raspberry Pi に液晶表示盤を付けたが、バックライトのLEDは常にONのため、夜は眩しい。GPIOからON/OFF制御可能にしたい。

回路図がないのため、ネットでいろいろ調べて、バックライトのLEDは、GPIOに繋ぐと、3.3V に直結したタイプあるそうです。

WebIOPiをインストールして、ブラウザから、すべてGPIO端子ON/OFFして見たが、バックライトのLEDがON/OFF現象が認めない。つまり、購入したものは3.3V に直結したタイプらしい。

基盤の結線を探し、切断してGPIOにつなぎ直し方法もあるが、なかなか決心とタイミングが必要ね。

たまたま液晶表示盤は、PCD8544 LCD使うらしい。そのPCD8544の制御方法を探す際、PCD8544-utils ( https://github.com/acidum/PCD8544-utils )見つかり、おまけに、液晶表示盤改造でバックライトのLED制御する方法まで書いた。小さな抵抗を溶かして、180度回転し、ジャンパー線でコネックターまで繋ぐ方法。

タイミングを見て、改造に取り込んだ。特に上記URLに説明した凹みを作って結線することなく。ケース入りだからそのまま結線でも問題ないと。

2015-04-27 21.51.582015-04-27 21.52.45

結線の正面と裏面、遂に成功した。手元に結線がなく、古い結線付きコネックターの結線をカットして再利用。

2015-04-27 21.51.58

近眼鏡と虫眼鏡の組み合わせて些細作業を進み、一度小さな抵抗が跳ねて見失い、諦めかけた時もあった。

2015-04-27 21.56.23

セット組み直して、WebIOPiから、21番PIN(GPIO9)のON/OFFで、バックライトのLEDがON/OFFが確認した。

これてRaspberry Piに状態変更があるとき、メッセージが届いたとき、バックライトのON/OFF、Blinkなどで表現する手法も増えた。

 

参考文献 肩に乗せてもらった巨人達: